化学的には脂質の一種であるコレステロールに関して

化学的には脂質の一種であるコレステロールに関して知られていることですが、摂りすぎることで、動脈硬化や高脂血症を招きやすくなることが知られています。

しかしながら、身体には必須の成分で、細胞膜強化の機能を持つため、もしもコレステロールが不足すると、細胞膜が正常に機能しなくなり、免疫力が弱まってしまうことが考えられます。

マイナス面ばかり強調されがちなコレステロールですが、ある程度の量は必要な、大事な成分なのだともいえるのです。

そうはいっても、食事からコレステロールを意識的に摂ろうとしなくても、大抵の現代人は、必要量をはるかに上回るコレステロールを体内に取り込んでいることが多いのです。

健康を保つのに必要な物質であるコレステロールは、私たちの体の中で製造される分が、全量の70パーセントから80パーセントにあたり、残る2から3割は食事で体内に取り込みます。

体内で合成されるコレステロールの6から7割が肝臓が生産の拠点となっています。

われわれの肝臓は体内のコレステロール量を感知し、合成にフィードバックする働きもあり、食事からのコレステロール摂取が過剰な状況では、コレステロールの製造をストップさせたり、コレステロールを分解して、体内の量を減らすのです。

コレステロール値は低い方がいと思われている節がありますが、コレステロール値を抑制することばかり考えることは、却って健康に良くない影響を及ぼします。

一般にコレステロール値は低い方が健康に良いと受け止められているようですが、この値が低いことが起因となって疾患を招くケースもあるのです。

低すぎるコレステロール値によって、免疫機能が落ちてしまい、そうした問題が起きるためです。

健康上望ましいコレステロール値を維持するためには、無理な節食に走らないことが重要です。

よく耳にする有酸素運動といえばウォーキングですが、コレステロールの値が高いことが原因で起こる動脈硬化を防ぐために効果あり、と言われています。

ジョギングなどの地上で行う運動と比べ、より良くカロリーを消費することができる水中での運動、例えば水中ウォーキングやエアロビクス、足や腰への負担が気になり、日頃なかなか運動ができない方でも安心してできるヨガなどがいいと言われています。

毎日繰り返し有酸素運動を日常的に行うことで、悪玉、善玉コレステロール値をバランスよく保つ効果が期待されています。

コレステロールを多量に含む卵を食べるのは、1日1個までが適当だということを頻繁に耳にしたりするのですが、コレステロールをたくさん含む食べ物をがっつり食べてしまったとしても血液中のコレステロール値にはあまり影響がありません。

コレステロールのおよそ75%は体内で合成され、残るおよそ4分の1が食物由来です。

であるがゆえに、卵を多く摂ったところで、血中コレステロール値がみるみる上がるということはほぼ考えられません。

このところ、健康第一に考える人が多いため、多種多様な商品を店頭で見かけます。

よく注目されてるコレステロールの上昇については、普段食べている物に原因があると考えるでしょう。

その一方で、コレステロールに関してはあなたの毎日の睡眠も深く関係していたのです。

睡眠時間が短くなると身体全体の基礎代謝量が減るため、糖質の分解不足がより多くの吸収を引き起こし、コレステロールが上がることに繋がります。

食生活の改善はもちろんですが、睡眠不足の解消も一つの手かもしれませんね。

ニコチンはタバコに含まれている代表的な物質なのですが、発がん性があると言われている成分の一つです。

なので、肺ガンや咽頭ガンなどを引き起こすと言われています。

喫煙は、さらに、コレステロールの中でも悪性である悪玉コレステロールの血中濃度を上昇させ、臓器の中でも特に肝臓に悪影響を与えたり、動脈硬化の一因となりえます。

ゆえに、煙草を控えたり、もしくはいっそスッパリと止めてみてはいかがでしょうか。

飲酒がコレステロール値の上昇につながると思っている方もたくさんいると思いますが、コレステロール値はお酒を飲むことによって高くなる訳ではありません。

でも、飲酒には食欲を増進させる働きがありますので、お酒が食べ物を食べることを進めてしまう、食べ物の中でも脂っこいものを食べ過ぎてしまうことがあります。

これこそが結果を引き起こしています。

正常ではないコレステロール値の人は飲酒する時の食べ物を見直さなければなりません。

心疾患でお亡くなりになられる方は少なくありません。

残念ながら、日本国内での死亡原因の上位を占めています。

若い頃は活発だった代謝も年齢を重ねるうちに次第に衰えてくることからどんどんコレステロールが蓄積されがちになります。

食事をおろそかにしていたり、定期的な運動をする習慣がないといったことの他にも特にコレステロールが高いとされている食肉の脂身、牛乳などの乳製品や、鶏卵などの食べ過ぎにも注意したいところです。

自覚症状が現れにくいので、突然、心筋梗塞、あるいは、脳梗塞に陥り、遅まきながら動脈硬化がもたらす死の恐怖を実感される方がたくさんいます。

良質たんぱく質と言われる卵も食べ過ぎは過剰摂取はコレステロールの摂り過ぎとなり昔から指摘されていることですが、卵を食べる時、気になってしまいます。

実際のところ、あまり控えると、卵は女性ホルモンの生成という大事な役割をするので毎日の健康維持に出来れば摂取する方が賢明です。

コレステロールは善玉と悪玉に分けられますが、いかにバランスを保つかが大切なので、偏りのない食生活で適正量を摂れるようにしましょう。

完全中性脂肪サプリ口コミマニュアル 永久保存版

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です